sake-takamaの日記

日本酒に関し、つぶやき致します、お得な情報も届くかも

沓掛酒造「互」 新取扱致しまします

f:id:sake-takama:20190519084244j:plain

 

沓掛酒造 (ご)お取引を開始いたしました

 

大阪にて「長野の酒メッセ」があり53蔵が集結

様々なお蔵の日本酒を試飲させていただき

私の感覚にキラッと来たのが、今回お取引をさせて頂くことになった沓掛酒造

 

時流、前評判を考慮せず、自分の舌で先ず試し

お取引をするのが私のポリシーです(何拾蔵も試し遭遇しないこともありますが)

 

先ずは味、蔵独自の個性を持っていること

蔵元の人、造りはもちろん、人間的に魅力があること

 

沓掛酒造は長野県上田市にて元禄元年1688年創業
蔵元の次男 沓掛浩之さんが東京バイオテクノロジーにて醸造発酵を学び
2010年に実家の蔵に戻り
酒造り60年、全国新酒鑑評会にて金賞14回の山崎 充杜氏のもと学ばれ

2016年より杜氏職を受け継がれ、水掛酒造300年の伝統を守りつつ

新たな銘柄「互」を立ち上げられています

600kg仕込みの小さなタンクで造られ

やや甘味を持った酒質ですが、爽やかな酸を伴い甘味と酸味の調和が程よく

それぞれのお酒に個性を宿していて、皆様にお伝えできるお酒と認知致しました

 

 

また余談ですが、杜氏の沓掛浩之さんは、昭和63年生まれと私の息子と同じ

月日は私と同日、名前は弟と同じと偶然も重なっています

 

 

もちろん味重視です

若き杜氏が、お互いに酌み交わして頂きたい願いで新たに立ち上げられた「互」

若き杜氏を応援すると共に、皆様にも伝わるよう願っています。

 

沓掛酒造 互 商品ページ

 

f:id:sake-takama:20190519084358j:plain f:id:sake-takama:20190519084508j:plain

 

秋鹿 試飲会

秋鹿 試飲会のお知らせ

 

秋鹿 試飲会  2019年4月20日 13時~15時

 

大阪の銘酒 秋鹿酒造 「米作りから酒造りまで一貫作業の蔵」より

社長&杜氏 奥裕明を招き試飲会を行います

無農薬、循環型農法による山田錦栽培の実践者でもあります

 

特約店限定酒15種以上を試飲していただき

裕明氏との歓談の中、秋鹿のすべてを皆様に体感していただきたく思います

 

無濾過生原酒から熟成古酒まで

特約店限定酒を一堂に飲み比べる機会は、他ではありえない企画です

 

秋鹿党の方はもちろん、日本酒に興味をお持ちの皆様も

安心してご予約ください

皆様に解りやすく進行し、有意義な時間を過ごして頂きます

 また、秋鹿グッズを7名の方にプレゼント

会場にて秋鹿の販売も行います、超限定品が登場するかも

 

詳細 お問い合わせ お申込み

地酒 たかま酒店

https://uzj.jp/SHOP/2019420.html

 

f:id:sake-takama:20190316001529j:plain

 

高天酒造 杜氏のプロ意識に感服

長野県諏訪湖湖畔にて明治4年創業
兄妹が中心となり蔵を守っておられます


妹の美絵さんが杜氏として造りの責任を負っておられ
昨年度 ご結婚
新酒発売の連絡と共に
今期 1月にご出産予定との連絡をいただきました


・・・・という事は
年末 寒い蔵、厳冬の中、身ごもった体で
お酒の造りにあたられたことになります


日本酒においては、雑菌が少ない、寒い冬季に酒造りが行われるのは現在も同じ
身ごもの体で・・・・
そこまで杜氏としての務めに徹せられた美絵杜氏
酒造りに掛けられる想い・・・感服です


子供を宿し二人で醸された新酒も無事入荷してまいりました
出来立てのフレッシュで凛と引き締まった新酒
美絵さんの想いと共に味わっていただければ幸いです


元気なお子さんの誕生をお祈り申し上げます。

https://uzj.jp/SHOP/170467/1075333/list.html


秋鹿酒造 NHK「鶴瓶の家族に乾杯」

11月5日 NHK鶴瓶の家族に乾杯にて秋鹿酒造が紹介され
大きな反響を呼びました


大阪の地酒として30年間にわたる長い取引をかんがみ非常に嬉し事です
地酒である以上 その蔵の持ち味があってしかるべき


秋鹿酒造は山里の酒として酸を効かせた辛口を持ち味とし
どちらかと言えば古風な酒通が好む持ち味を持っています
今回の放映に際しては、熟成酒「奥鹿」が紹介され
日本酒の熟成という新たな分野に触れられた
とても良い機会だと思います


いまだにレッテルに記載された蔵出し日と製造日との区別もつかない方が
多く見受けられます
古酒の日付けは、ワインに見られる年代物をどう解釈されるのでしょう
(私たち小売店側にも、それに答えられない嘆かわしい店もあることも要因ですが)


時代の中で人気を博す味が創造され
かつては、新潟酒 辛口がもてはやされ
付け香をした吟醸酒がもてはやされ
今は旨甘い酒がもてはやされています


全国には1000社の蔵元がありそれぞれ自分の蔵の味を消費者に
でないと地酒蔵の意味がありません
人に色々個性があるように蔵ごとにそれぞれの味があってしかるべき
(蔵元も時代の流れに追随するような、流行りの味を追求するのは如何なものかと
また小売店においても、自分の信念なく流行りの酒ばかりを追いかけるのもしかり)


今回の秋鹿酒造にて紹介された熟成酒「奥鹿」
日本酒の熟成という分野にも目を向けていただける
良い機会になったのではないかと
日本酒を愛して下さる皆様に期待申し上げます。

楽しい日本酒の会です、参加歓迎

2018年8月26日 日本料理 成田家にて、たかま愛酒会を開催いたしました

今回のテーマは、日本酒の個性に重要な要素となる「酸」について
参加者と共に料理との相性を探りました

600種の成分からなる日本酒
冷やして爽やかで喉越しが良くなるリンゴ酸系の日本酒
常温にて旨味を発揮する乳酸系の日本酒に注目いたしました

両者を区別するだけで、同じ日本酒でもより美味しくお楽しみいただけます。

秋鹿 結婚披露宴

秋鹿酒造 航太朗(次期7代目)くんの結婚披露パーティーに参列
リーガロイヤルホテルにて酒類関係者、出版関係者を迎え
純米大吟醸など沢山の秋鹿がふるまわれ、盛大に執り行われました

航太朗君も会うたびに成長され頼もしい限り
新婦 佳澄さんのマリンバの演奏も披露されました

若い二人の力が
今後の秋鹿の味わいにも寄与されそう

皆様の益々の御愛飲を願い
お二人の門出お祝い申し上げます


追伸
180名様の参列がございましたが
皆様の たかま酒店ご愛顧により最前列に私の席を設けていただきました
重ねて御礼申し上げます。

[http://uzj.jp/SHOP/170467/171010/list.html:title=秋鹿酒造 商品一覧
]


篠峯・櫛羅 蔵開き

奈良県御所市 千代酒造「篠峯・櫛羅」蔵開きに行ってきました


朝9時からという事で店を7時に出発
業界関係者のみの開催でしたが多くの人たちが参加


52種類の様々なお酒が並べられ自由試飲形式
多くの中から店頭で皆様にお伝えすべく選んでまいりました


 櫛羅シリーズ 
千代酒造は葛城山の麓に位置し、蔵周辺に自営田を持ちます
蔵人自ら減肥料・減農薬で山田錦を栽培し、葛城山の伏流水で仕込まれ
蔵の味、郷土の味を目指し造られています



【 篠峯シリーズ 】
様々な酒米を使い、その米の個性を引出されています
千代酒造の個性であるシャープな酸との兼ね合い
濃すぎず、クリアで料理との相性にも挑戦されています



蔵元(杜氏)は、まだ模索中と謙遜しておりますが
良質米の選択、自社精米、圧力調整できる甑、室の新設、巨大冷蔵施設と
良い酒造りのために最大限の投資も行われています
チャレンジ精神旺盛な千代酒造「篠峯&櫛羅」
ご愛顧くださいませ。


お勧め「篠峯&櫛羅」一覧 → http://uzj.jp/SHOP/170467/1057436/list.html